コンテンツへ移動

インターネットCMとは何なのか

インターネットCMはインターネットのブロードバンド化に伴いその需要は大きく増えてきました。 これからもインターネットの世界はどんどん拡大していくことは間違いないといえるでしょう。それに伴いインターネットCMの効果も大きくなっていくことが見込めます。多くの企業で、このインターネットCMは注目されているのです。 これからのことを考えたら今から注目しておく必要があるかもしれませんね。

インターネットCMの定義

インターネットCMは最近まではっきりした定義がなく、ぼやっとした曖昧なものでした。 そのことによって、コンテンツ権利者など、管理者の間で、混乱や誤解が起こってしまうのではないかと懸念されたため、インターネット広告推進協会(JIAA)によって、以下のようにインターネットCMの定義が決められました。

・インターネット、携帯電話を含めた通信回線上での広告主が管理するサイトを除いたサービスの広告スペースで広告主の広告やマーケティングを目的としたもの。

・テレビのCMと同様に時間軸で展開され、映像および音声(ミュージック・ナレーション等)を使用した広告

・配信方式にはユーザー側の端末にデータを残さずに再生するストリーミング方式とユーザー側の端末にテータをダウンロードして再生するダウンロード方式とがある。

しかし、これはコンテンツの提供者によって許諾条件が異なってくるため、これらを区別して明記していなければならない。 ネットCM、ストリーミング広告、リッチバナー、動画広告など配信方法の違いによって様々な呼び方がありますが、上記の条件を満たす広告はすべてインターネットCMとして認められるようになりました。

インターネットCMのメリット

他のネット広告は静止画像による広告ですが、インターネットCMは動画による広告なのでユーザーに対し印象をより強く残すことができる点が一番のメリットといえます。やはり、頭に残る広告の傾向としてテレビCMが頭に残りますよね?インターネットCMはテレビCMに近い形での広告なのでその効果は大きいと言えるでしょう。

インターネットCMで扱われるコンテンツ

現在のインターネットCMで扱われるコンテンツは以下に述べる3種類に分かれます

テレビCMと同じコンテンツ

テレビで放送されたCMをそのままインターネットCM用に加工したものです。最も手軽な方法といわれ、テレビCMを見ていない層に配信することによって、CM効果を広げていくことができます。

テレビCMより長い時間でのCM

インターネットCMではテレビCMと比べ長くて3分ほどの時間を使うことができます。テレビCMは大体15秒から1分ですので、より長いCMが可能になります。テレビCMの補足として使えますので、より詳しい情報、魅力をネットユーザーに伝えることができます。より多くの関心を持ってもらうことで、広告の効果としてさらに効果的と言えます。

インターネットオリジナルCM

まさに、読んで字の如くです、まだメディアに出ていないCMをインターネット限定で配信広告する方法です。 最近でも某車のインターネットCMなどが人気で、そこに出ているキャラクターはどこに行っても見られるようになりました。 テレビCMのスピンオフを作っているところも多いです。このようにネットユーザーの心を確実に掴むことによって、広告効果を促進させることができるのです。

インターネットCMは最近頻繁に見られるようになりました。また、インターネットCMのニーズが多くなってきましたので、インターネットCMを作る業者も多く普及してきたようです。企業で、より高い広告を望むならば、他の広告と併用してインターネットCMをしてみるのもいいと思います。

Page top